2014年6月22日(日)
町田市立陸上競技場 17時キックオフ

AC長野パルセイロ第17節
町田−AC長野 後半31分、決勝ゴールを許し、
肩を落とすAC長野GK田中(中央)、松原(2)、大島(3)、佐藤(左端)


J3第17節第2日は22日、各地で4試合を行った。2位のAC長野パルセイロは町田市立陸上競技場で首位の町田ゼルビアと対戦、0―1で敗れた。AC長野は13試合ぶりの黒星。町田との勝ち点差は5に広がった。

首位攻防戦は攻守が目まぐるしく変わり、交互に決定機を迎えた。AC長野は前半15分、DF松原のロングスローから右MF西口がボレーシュートを放ったが、相手GKに防がれた。30分、町田FW鈴木孝のシュートはクロスバーに当たった。

後半は町田が激しい前線からの守備で主導権を握った。途中出場のMF遠藤が31分、ゴール前の短いクロスを合わせて決勝ゴールを決めた。

4位鳥取は藤枝に引き分け。4連敗中の琉球が秋田に勝った。リーグは25日に第17節第3日を行い、天皇杯1、2回戦のため中断する。7月19日に再開し、AC長野は第18節第2日の同20日、佐久総合運動公園陸上競技場(佐久市)で鳥取と対戦する。
(参考:信毎WEB




 

【美濃部監督コメント】
J3の中では非常に高いレベルの、エキサイティングなすばらしいゲームになった
(コメント全文:AC長野パルセイロ公式HP






FORZA!!  PARCEIRO