J3第13節は25日、各地で5試合を行った。AC長野パルセイロは沖縄市内でFC琉球と対戦、2―0で勝った。AC長野は2連勝で9試合負けなし。AC長野は勝ち点26とし、金沢を抜いて今季初めて2位に浮上した。町田との勝ち点差2は変わらない。

AC長野パルセイロ第13節
FC琉球―AC長野 後半45分、
ゴールを挙げたAC長野FW勝又(13)に駆け寄るイレブンたち


前半は琉球の守りが堅く、AC長野本来のテンポの良いパス回しは数えるほど。サイド攻撃を封じられペースを握れない時間帯が長かった。39分にはMF有永、41分はFW佐藤が惜しいシュートを放った。

後半24分にFW宇野沢がドリブルシュートで先制。45分には、途中出場のFW勝又が今季初得点を決めた。2点目のゴールは、MF大橋のロングパスをMF高野が頭で折り返し、ゴール前でつぶれた宇野沢の背後から勝又が詰めた。

第14節は6月1日。AC長野は佐久総合運動公園陸上競技場でU22選抜と対戦する。
(参考:信毎WEB





 

【美濃部監督コメント】

この暑さの中でもしっかり走って勝利を手にいれたことを評価したい
 (コメント全文:AC長野パルセイロ公式HP







FORZA!!  PARCEIRO