J3第11節は11日、各地で5試合を行った。AC長野パルセイロは相模原市内でSC相模原と対戦、2―2で引き分けた。連勝は3で止まったが、勝ち点20で、順位は前節までの3位をキープした。

AC長野パルセイロ第11節
SC相模原−AC長野 
後半6分、この日2点目を決めるAC長野・宇野沢(右)


前半20分まで勢いのあるサイド攻撃を繰り出した。だが23分、警戒していたCKから失点。43分に向のセンタリングをFW宇野沢がワンタッチでゴールして同点に追いついた。

後半6分には向のドリブルシュートをGKが弾いたところを、宇野沢が押し込んだ。40分にFKからのこぼれ球を元日本代表FW高原に決められた。

首位町田は今季初黒星。2位金沢が勝利を収め、勝ち点24で町田に並んだ。

第12節は18日。AC長野は佐久総合運動公園陸上競技場で午後3時半から福島と対戦する。
(参考:信毎WEB)




 



【美濃部監督コメント】

高原選手(SC相模原)みたいな力のある選手から、怖さを感じなければならない
(コメント全文:AC長野パルセイロ公式HP







FORZA!!  PARCEIRO