J3第8節は26日、各地で6試合を行った。AC長野パルセイロは佐久総合運動公園陸上競技場でFC琉球と対戦し、1―0で勝った。5試合ぶりの白星で勝ち点13とし、順位を二つ上げて5位。

AC長野パルセイロ第8節
AC長野―琉球 前半1分、
先制ゴールを決め、向(左)らと喜び合うAC長野・高橋(右)


前半開始1分、MF向のスルーパスを受けたFW高橋が、GKとの一対一を落ち着いて決め先制した。30分以降は琉球ペースとなったが、危ない場面をDF陣が体を張って防いだ。

後半は20分すぎからAC長野が攻勢。宇野沢のミドルシュートや松原の頭、有永のドリブルからと、さまざまなパターンでゴールを狙ったが、追加点はならなかった。

首位の町田が快勝した。金沢は2連勝で2位に浮上。YS横浜が初白星を挙げた。

第9節は29日に行い、AC長野は秋田市八橋運動公園球技場で秋田と戦う。
(参考:信毎WEB








【美濃部監督コメント】

悪い流れだったので今日のゲームを通して上向けるように今後やって行きたい
(コメント全文:AC長野パルセイロ公式HP
 


入場者数 1,803







FORZA!!  PARCEIRO