Jリーグは21日、J1、J2、J3に参戦する51クラブの監督や選手代表が開幕前に一堂に会する「キックオフカンファレンス」を都内で開いた。新設のJ3で戦うAC長野パルセイロからは美濃部直彦監督と宇野沢祐次が参加。迫るシーズンに向けて気持ちを高めていた。

村井満チェアマンは「新たにJ3をスタートさせる。Jリーグは確実に広まっている」とあいさつ。一方、伸び悩む観客動員に危機感を示し、「監督や選手とは、レフェリーへのクレームや時間稼ぎをなくし、全力でプレーすることなど三つの約束をした。Jリーグの魅力を磨いていく」と述べ、盛り上がりにつなげる取り組みを強調した。

各クラブの監督や選手代表が壇上で紹介され、開幕戦で当たる選手同士が握手。J1で3連覇を狙う広島などアジアチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する4クラブの監督が抱負を語った。
(参考:信毎WEB)