AC長野パルセイロ・レディース第2節

本日4月12日(土)に行われました「プレナスチャレンジリーグ2014」第2節。
AC長野パルセイロ・レディース vs スフィーダ世田谷FCとの試合は、前半2-0、後半1-3、計3-3で引き分けました。
【得点者:#10横山(25分)#18矢島(55分)#20内山(72分)

 レディースチーム初の有料試合となった2014年最初のホームゲームは、開幕戦で4得点を挙げた首位のスフィーダ世田谷FCが相手。

前半風下ながら、横山の活躍で2得点を挙げて折り返すも、後半の3失点がひびき、3-3の引き分けで試合が終了。

残念ながらホーム初勝利はお預けとなりました。
それでも、最低限の勝ち点を上積み出来たことに加え、レディースチーム初の有料試合で421人の皆さんに観戦していただけたこと、ゴールを感じさせる場面が多数あったことは、次につながる明るい材料でした。

 2週間後のホームゲームでサポーターの皆さんに初勝利を届けるためにも、まずは次節に向けて修正をはかり、結果にこだわった試合運びをしたいところ。

〈日時〉2014年4月12日 14:00キックオフ
〈会場〉佐久総合運動公園陸上競技場


【本田監督コメント】

勝ちきる、そして守りきる強さがまだまだ足りません







【MF#10横山選手コメント】
次への課題も見つかったんではないかとおもいます。来週は勝ちます!そして点取ります! 


【DF#18矢島選手コメント】
防げた失点もあったので勝ちきれなかったことが悔しいです


【MF#20内山選手コメン】
もっと落ち着いてポゼッションできたし、失点をなくしていれば勝ちきることができたので、上を目指すためにはまだまだ多くの課題があることも実感しました

(コメント全文:AC長野パルセイロ公式HP








FORZA!!  PARCEIRO