AC長野パルセイロ・レディース ホームゲーム



プレナスチャレンジリーグ2014第8節 vs セレッソ大阪堺レディース戦の結果
【試合経過】
前半 2-2
後半 5-0
計 7-2
【得点者:内山(朋)内山(智)横山2橋浦矢島濱垣

昨年のチーム得点王、内山朋香の今季初ゴールで先制したものの、33分、36分と立て続けに失点し、早くも選手交代で立て直しを図ってきたパルセイロベンチ。

代わって入った内山智代の、今季6ゴール目となるヘディングシュートが、同点ゴールとなって、何とか前半を2-2で折り返します。
後半に入り、横山が自身でもらったPKを確実に決め、橋浦が4点目を決めたところで勝負ありと思われた終盤、85分、89分、90+1分に得点を重ね、終わってみれば7-2の大勝で試合終了となりましたが、前節に続き2失点したことは大いに反省しなければいけません。

その一方で、課題でもあったセットプレーからの得点があったこと、また、今季初出場となった和田選手のハツラツとしたプレーなど、明るい材料があることも確か。
次節は初対戦となるアンジュビオレ広島とアウェーでの対戦ですが、今日のように最後まで勝ちに拘って走り続ける彼女たちに、今後も熱い声援をよろしくお願いします。
〈日時〉 2014年5月25日(日)11:00キックオフ
〈会場〉 佐久総合運動公園陸上競技場 



【本田監督コメント】
メンバーが多少入れ替わっただけでこんなにもチームが変わってしまうのは、まだまだコンセプトが沁み渡っていない






【MF#13和田眞琴】
初めてチャレンジリーグの試合に出場することが出来たけど、もっと結果を残せるように力をつけていきたい


【FW#24内山朋香】
前半は特に各々のミスが目立ち、またファイトするべき場面でできなかったりと課題もいくつか出てしまいました

(コメント全文:AC長野パルセイロ公式HP





FORZA!!  PARCEIRO