AC長野パルセイロ・レディース ホームゲーム

プレナスチャレンジリーグ2014第10節 vs スペランツァ大阪高槻戦の結果

【日時・会場】
2014年6月8日(日) 長野運動公園総合運動場陸上競技場 11時キックオフ

【試合経過】
前半 0ー0
後半 1ー3
計 1ー3

【得点者】
横山

【入場者数】
852名 


今季レディース初となる長野市開催は、現在首位に位置するスペランツァFC大阪高槻が相手。

レディース最多記録となる852名の観客がスタジアムに駆けつけ、また、浦崎、橋浦のリーグ戦100試合出場と言う記録とも重なり、競技場は最高の熱気に包まれました。

52分に与えたPKで1人少ない状況になってからは、DF陣が体を張って我慢する時間が続きましたが、横山のミドルシュートがゴールに突き刺さった時には「必ず逆転できる」と信じた方も多かったはず。

結果的には3点を失い順位が7位に後退。
痛い、痛い敗戦となった今節ではありましたが、選手たちのコメントにもあるように、次節に向けてしっかり準備し、立ち向かってくれるはず。
 





【本田監督コメント】
選手には勝敗の意味が十分に理解できていたと感じました。今後すべての試合を勝ちに行く、今日の試合よりも次の試合がもっと感動できる試合内容になるように頑張り続けます






【DF#2田中】
なでしこリーグ昇格には本当に負けが許されないし、チームとしても個人としてもどんな場面でも負けないことを最低ラインにできるようにもっと守備面を強化しそこから攻撃を組み立てていけるようにしていきたい


【DF#5金札杏】
絶対に負けたくないという気持ちを練習からだしていきたい

(コメント全文:AC長野パルセイロ公式HP






FORZA!!  PARCEIRO