バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント


AC長野パルセイロ期待の新星U-15新井光選手が出場しているバル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメントの初戦のオランダ戦の結果です。
 

バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント2014第1戦

2014年10月28日(火)   キックオフ16:00    試合時間40分ハーフ


U-15日本代表  
1-3 (前半1-0、後半0-3)   U-15オランダ代表

得点
39分   仙波大志(U-15日本代表)

スターティングメンバー
GK:  若原智哉
DF:  仙波大志、吉田峻、伊藤洋輝、田中陸
MF:  藤本寛也、宮島裕、佐藤昴
FW:  田中雄大、新井光、杉浦文哉

サブメンバー
GK:  沖悠哉
DF:  佐藤颯汰、橋岡大樹
MF:  井澤春輝、川村拓夢
FW:  坂井剛、明比友宏

交代
50分 佐藤昴 → 坂井剛
70分   田中雄大 → 佐藤颯汰
 

【マッチレポート】
前半39分、DF伊藤選手のロングパスを杉浦選手が上手く押さえ左サイドに起点を作ります。杉浦選手から宮島選手、藤本選手と細かいパスを繋ぎ、右サイドバックから約60mを全力で駆け上がった仙波選手にスルーパス。GKと1対1のこのビッグチャンスを落ち着いて決め、1-0で前半を折り返します。

しかし後半開始早々、失点を喫します。この後もサイドからのクロスに中央で豪快に合わされ逆転を許し、苦しい展開が続きます。最大のチャンスは75分。小刻みなパス回しから最後は左サイドバックに入った佐藤(颯)選手の右足の強烈なシュート。惜しくも相手GKにファインセーブに阻まれ同点のチャンスを逃します。逆に80分、右サイドをドリブルで突破され、またもやクロスから3点目を押し込まれます。ここで試合は終了、U-15日本代表は初戦を1-3で終えました。

 

【吉武監督コメント】
オランダはコンパクトな守備からFWがワイドに構えて、スピードあるドリブルで突破しクロスで得点を狙うというプレースタイルでした。それに対し、日本は程良い距離感を保ちながらボールを保持しようとしましたが、相手のハイプレッシャーに屈する形で思い通りのゲーム展開ができませんでした。そんな中で、前半終了間際に得意のサイドバック攻撃で得点をあげ、後半に期待への期待を持って前半を終えました。しかし日本の課題である1-0で勝っている状況では試合巧者ぶりを発揮できず、後半開始早々消極的なプレーから1ー1に追いつかれてしまいました。初めてのポジションでプレーした選手や時間帯によっては積極的なプレーをした選手など、活躍した選手がいたことは評価できます。次の試合では、自分たちがコンパクトになりながらも、深みや幅を広く取り有機的にボールを動かせるよう、明日のトレーニングで改善したいと思います。


【日程】
10月28日 vsオランダ
10月30日 vsベルギー
11月  1日 vsフランス 

(参考:JFA公式HP





予言します。次戦のvsベルギー戦では新井選手が2得点します
(-ω-)