2014年11月1日(土)
エコパスタジアム(静岡県袋井市)13時キックオフ
AC長野パルセイロ第30節
藤枝―AC長野 
後半4分、ゴール前で右クロスに飛び込むAC長野の宇野沢。わずかにボールに届かなかった


J3のAC長野パルセイロは第30節第1日の1日、静岡県袋井市のエコパスタジアムで藤枝MYFCと対戦、2―2で引き分けた。2位AC長野の勝ち点は60で、この日試合がない勝ち点63の首位金沢との差を1しか縮められなかった。

AC長野は累積警告で出場停止のDF松原のポジションにMF野沢を起用。前半10分すぎまで、勝又や宇野沢が積極的にシュートを放ち、攻め込んだ。しかし同20分、藤枝の大石治がAC長野の守備陣の連係ミスを突き、ドリブルシュートで先制。後半19分に再び大石治に得点を許した。

AC長野は3分後、畑田と向を投入。同30分と同38分に、畑田が連続ゴールを決めて同点に追い付いた。
と勝ち点56の3位町田は、2日にそれぞれ第30節の試合がある。

AC長野は残り3試合。次節は9日、福島市のとうほう・みんなのスタジアムで福島と戦う。
(参考:信毎WEB)








【美濃部監督コメント】
あと一歩、逆転までいけないのが我々の弱さ
(コメント全文:AC長野パルセイロ公式HP










FORZA!!  PARCEIRO