入場者数達成
選手とともに勝利に沸くAC長野のサポーター=16日、長野市営陸上競技場

サッカーJ3リーグ・AC長野パルセイロの今季のホーム試合平均観客数が、16日に長野市営陸上競技場で行われた試合で、J2昇格条件となる3千人を超えることが確定した。チームも快勝したこの日は、今季3番目に多い5639人が観戦。選手とともに、J2との入れ替え戦出場が懸かる23日の最終戦での勝利を期した。

メーンスタンドやゴール裏はチームカラーのオレンジ色に染まり、選手を後押し。須坂市村山の団体職員黒岩恵利子さん(52)は「平均観客数が3千人を超えてひと安心。最終戦はより多くのサポーターで応援したい」と話した。

今季は本拠地の長野市南長野運動公園総合球技場の改修工事に伴い、12試合を市外で開催。3千人を割る試合もあったが、サポーター組織「インチャーダ・ナガノ」代表の古川康平さん(41)は「徐々にだが地域に浸透している。3千人で満足せずにサポーターを増やす努力を続けたい」と話した。 
(参考:信毎WEB)
(詳細:HINCHADA NAGANO)


【J2昇格基準】※11/16現在
■ホーム目標入場者数54,000人(ホーム18試合×3,000人)
 58,082人(17試合/全18試合)

■ホーム目標平均入場者数3,000人
 3,416人(17試合現在)

第1節 vs福島ユナイテッドFC(味フィ西) 
 → 入場者4,312人 平均入場者4,312
 
第3節 vsツエーゲン金沢(佐久)      
 → 入場者3,073人 平均入場者3,692
 
第4節 vs藤枝MYFC(佐久)        
 → 入場者1,655人 平均入場者3,013
 
第6節 vsY.S.C.C.横浜(佐久)       
 → 入場者2,235人 平均入場者2,818人
 
第8節 vsFC琉球(佐久)           
 → 入場者1,803人 平均入場者2,615人
 
第10節 vsJリーグ・アンダー22選抜(佐久)      
 → 入場者8,011人 平均入場者3,692
 
第12節 vs福島ユナイテッドFC(佐久)      
 → 入場者2,508人 平均入場者3,371
 
第14節 vsJリーグ・アンダー22選抜(佐久)      
 → 入場者2,325人 平均入場者3,240
 
第16節 vsグルージャ盛岡(佐久)      
 → 入場者2,308人 平均入場者3,136
 
第18節 vsガイナーレ鳥取(佐久)      
 → 入場者2,268人 平均入場者3,049
 
第19節 vsブラウブリッツ秋田(長野)      
 → 入場者4,329人 平均入場者3,166
 
第21節 vsツエーゲン金沢(長野)      
 → 入場者3,038人 平均入場者3,155
 
第23節 vsFC町田ゼルビア(長野)      
 → 入場者6,334人 平均入場者3,399
 
第24節 vsブラウブリッツ秋田(佐久)      
 → 入場者2,360人 平均入場者3,325
 
第27節 vsJリーグ・アンダー22選抜(佐久)      
 → 入場者1,705人 平均入場者
3,217
 
第29節 vsSC相模原(佐久)      
 → 入場者
4,179人 平均入場者3,277
 
第32節 vsグルージャ盛岡(長野)      
 → 入場者
5,639人 平均入場者3,416



となりました。

仮に最終節の第33節の来場者が0人だったとしても、 平均入場者数は3,226人となりJ2昇格基準を満たす事となります。

これで舞台は全て整いましたので、あとはもう最終節と入替え戦でスッキリと勝ち、J2へと駆け上がって欲しいと思います(^^)/