美濃部監督



AC長野パルセイロが、美濃部監督に続投要請したようです。


J3のAC長野パルセイロが、美濃部直彦監督(49)に来季の続投を要請していることが27日分かった。

クラブ幹部が信濃毎日新聞の取材に対して「就任した昨季、日本フットボールリーグ(JFL)でチームを初優勝に導き、今季は参戦したJ3リーグでJ2・J3入れ替え戦出場となる2位につけた手腕を評価した」と話した。入れ替え戦の結果にかかわらず、2年契約の間の実績を認めた。

クラブ幹部は、続投要請の理由として、DF松原や西口、MFの有永、佐藤といった若い選手が伸びている点も挙げた。

27日現在、美濃部監督から回答は来ていないという。
23日にJ3全日程を終えたAC長野は今季、20勝9分け4敗で2位。J2昇格をかけて30日、12月7日のJ2・J3入れ替え戦に出場する。対戦相手はJ2今季21位のカマタマーレ讃岐。

AC長野は2011年、12年と2年連続でJFL2位。美濃部監督が就任した昨季は、連続無敗24試合のJFL同一シーズン最多記録を樹立して、優勝した。


11月28日 信濃毎日新聞より 




【美濃部監督が就任してからのリーグ戦成績】

2013年
JFL 全34試合 21勝9分け4敗(優勝)

 
2014年
J3リーグ 全33試合 20勝9分け4敗(2位)




 
続投要請にあたり、立派な成績を収められていると思います。

来季は是非、
昇格を決め新たなステージで新たな頂戦をパルセイロと共にして頂きたいと個人的には思いますm(_ _)m