30日は快晴。サッカー観戦するにはちょうどいい気温。

スタジアム目前で『あッ!パルセイロ仕様(?)の三輪車だ!!』と思っていると、試合が始まったんじゃないか位の大歓声が・・・

J2・J3入れ替え戦試合前



急いで行くと、どうやら入待ちの様子

J2・J3入れ替え戦試合前讃岐の入り待ち



カマタマーレ讃岐サポもだいぶ来てました!!

J2・J3入れ替え戦試合前讃岐の入り待ち




そしてパルサポも・・・

J2・J3入れ替え戦試合前入待ち告知



続々と集まってきました!!

J2・J3入れ替え戦入待ち




『おしのちゃん』と『おしのさん』も発見

J2・J3入れ替え戦試合前おしのさんとおしのちゃん



史上最高の集まりじゃないのかって位の多さ
入れ替え戦の注目度の高さが分かります

J2・J3入れ替え戦試合前入待ち









入待ち&決起集会が終わって和むカマタマーレ讃岐サポ
遠いところ長野までようこそおいで下さいましたm(__)m

J2・J3入れ替え戦試合前なごむ讃岐サポ



入待ちが終わり戻っていくパルサポ
こりゃー入場口までたどり着くのに時間がかかりそうだ・・・

J2・J3入れ替え戦入待ちが終わり戻るサポーター



スタグル前も史上最高の混み具合

J2・J3入れ替え戦スタグル混雑




パルセイロビールに

J2・J3入れ替え戦試合前J2・J3入れ替え戦試合前




パル汁(豚汁みたいな感じ)

J2・J3入れ替え戦試合前

J2・J3入れ替え戦試合前



大事な一戦でスタジアムをオレンジで染めるべく、今回はオレンジペーパー大作戦を実施しました

J2・J3入れ替え戦試合前J2・J3入れ替え戦試合前



最終節の前日に発生した神城地震の被災者の為、選手自らが義援金の呼びかけを行いました(写真は#27高選手)
J2・J3入れ替え戦試合前J2・J3入れ替え戦試合前



多くのサポーターが魂のこもったメッセージを横断幕に書き込んでます

J2・J3入れ替え戦試合前



観客席に建てられた看板

J2・J3入れ替え戦看板



ゴール裏に置かれた達磨

昇格してもう片目も墨を入れたい・・・

J2・J3入れ替え戦昇格祈願達磨

J2・J3入れ替え戦昇格祈願達磨



コレオの目印

J2・J3入れ替え戦コレオのしるし



前回よりも星がきれいに見えます
やっぱり人数って大切ですね・・・

J2・J3入れ替え戦コレオ






ゴール裏の様子

J2・J3入れ替え戦試合中

入れ替え戦ゴール裏



アウェーゴール裏

J2・J3入れ替え戦アウェー側



バックスタンドからアウェー

J2・J3入れ替え戦試合中



メインスタンド

J2・J3入れ替え戦試合中



今回は大入りの予想もあり急遽、スタジアム外にパブリックビューイングが設置されました

J2・J3入れ替え戦試合中

J2・J3入れ替え戦試合中



未来の宇野沢は何を思う・・・

J2・J3入れ替え戦試合中



AC長野パルセイロ選手チャント





選手入場とコレオ





キックオフ直前

いよいよか・・・

J2・J3入れ替え戦キックオフ



試合は一進一退の五分

前半はだいぶ攻め込まれ、ピンチの場面も何度かありました

J2・J3入れ替え戦試合中




後半はパルセイロもエンジンがかかり、セットプレーのチャンスも何度かありましたし

決定的な場面も2度ありました

J2・J3入れ替え戦試合中

J2・J3入れ替え戦試合中





だが決まらない!!

入れ替え戦はやはり簡単じゃありませんでした(*_*;

J2・J3入れ替え戦試合中




会場全体で戦うパルセイロ

アウェー近くのバックスタンドで歌うパルサポさんはサポの鏡だと思いました





0-0のスコアレスドローで試合終了

最後の選手挨拶

選手たちの表情からは悔しさがにじみ出てました

J2・J3入れ替え戦選手挨拶

J2・J3入れ替え戦試合終了



試合後に加藤長野市長が挨拶して盛り上げて頂きました(*'ω'*)





でも・・・

"失礼"があったみたいで申し訳ないm(__)m





ちなみに隣の野球場では、日大の紅白戦をやっていたもよう・・・



ロック総統にJ2へのカギをいただきました。なんとか次のステージの扉をこじ開けたいものです
 


ロック総統とは
サッカークラブ『ホンダロック』の名物サポーター。
ガンダムシリーズのシャア・アズナブルのコスプレで『Jへの鍵』を持ってアウェーサポーター席に乗り込み、パフォーマンスを繰り広げることが、JFLの名物となっている。
これらのパフォーマンスを行っている最大の理由は、現在のJリーグの『勝利至上主義』に疑問を呈し、サッカーには様々な楽しみ方があっていいとの考えによるものだと語っている。