入れ替え戦第二戦の鍵を握るボランチの2人が、入れ替え戦を前に熱い思いを語りました。

有永選手向選手

地域リーグ時代からのライバルで、JFL昇格も同期だった讃岐との最終決戦。イレブンのモチベーションは高まるばかりだ。有永が『悔いが残らないように全てをぶつけたい』と気合をみなぎらせれば、向も『勝って昇格を手にしたい』と、闘志をかき立てた。

この日の練習では前線へのロングボールを多用する讃岐対策を改めて徹底。DF陣がはね返したボールを有永、向のボランチコンビが粘り強く拾い、素早く攻撃へとつなげる形を何度も確認した。

讃岐は第1戦(11月30日)で出場停止だったMF山本がアンカーで先発復帰しそうで、中盤の攻防が勝敗を分ける大きなカギになる。向は『しっかりと球際で勝つことが大事。積極的にプレッシャーをかけて、いい守備からいい攻撃につなげたい』と対戦イメージを 膨らませ、『相手は立ち上がりからどんどん来ると思うけど、受け身にならず正面からぶつかりたい』と、正攻法で讃岐を押し出す構えだ。
スポーツニッポンより





攻守ともにカギを握っている2人ですが、明日はどんなプレーを見せてくれるのでしょうか。


期待してます!!