南長野運動公園総合球技場



先日話題となった『ふるさと納税とスタジアム建設』についてご紹介します。



今話題になっているガンバ大阪や長野パルセイロの新スタジアムはこのふるさと納税を適用し建設されています。

また今後建設が予定されている北九州や京都、更にはまだ構想段階ですがスタジアム建設の機運が高い広島や長崎などでも、このふるさと納税制度が大きな役割を担ってくれると期待されています。

この制度を上手く活用すれば、長年の課題であったスタジアム問題を解決する事が出来るかもしれないのです。

ちなみにガンバ大阪と長野パルセイロのふるさと納税を適用した寄付はまだ行われていますが、皆さんはもう寄付されましたか?

この制度は「ふるさと」と言う名が付いていますが、縁やゆかりは一切関係なく、全国各地どこにでも寄付が出来ます。

どうせ支払う税金であれば自分の好きなサッカーの為に使って欲しい、と言うのも動機の1つですね。

引用:Sports naviより一部抜粋)






ふるさと納税制度とは
居住地以外の『ふるさと』に貢献や応援したいという納税者の思いを実現するため、応援したい地方公共団体への寄付を通じて、その寄付額の一定限度について所得税と住民税からそれぞれ控除を受けて頂く事が出来る制度です。
寄付金のうち、控除対象外の2,000円を超える額について、所得税と住民税からそれぞれ控除を受けて頂く事が出来ます(控除対象額は、住民税の所得割のおおむね1割が限度です)
なお控除を受けるためには確定申告が必要となります(軽減額の例




■全国どの地域に住んでいても寄付ができ、控除もされます(寄付と控除の流れ



■南長野運動公園総合球技場の寄付募集は平成27年12月まで。
1回1万円以上の寄付で、1年に1回限り記念ピンバッジがもらえる特典あり。
また累計5万円以上寄付をした個人、累計30万円以上を寄付した法人・団体はスタジアムにネームプレートが平成28年4月に設置される予定(設置場所

記念ピンバッジ



■払込方法は2種類

【払込用紙で支払う方法】
払込用紙付きのチラシに必要事項を記入して指定金融機関で支払う方法。
チラシ設置場所)長野市役所企画課、市役所第1・2庁舎受付、支所、公民館、図書館、保健所、保健センター、市内の八十二銀行本支店

【その他の方法(長野市外に住む人向け)】
『金融機関にて払込』、『現金書留による送金』、『クレジットカードでの支払い』
その他の方法詳細はこちら

※長野市の寄付金にはいくつかのメニュー(使い道)で分かれています。南長野運動公園総合球技場建設に寄付する場合は『めざせ!金メダル!~オリンピックとスポーツのまち~(スポーツ振興)』メニューとなります。



■平成26年11月30日時点で『めざせ!金メダル~』には797件、158,594,461円の寄付がありました(寄付金詳細