第3節のFC琉球

第4節でパルセイロが戦うFC琉球には元パルセイロの選手が多く在籍しており、長野のサポーターにとっては特別な一戦となりますが、そんな第4節を前にFC琉球が波に乗っています。


サッカー明治安田J3のFC琉球は29日、Jリーグアンダー22(U22)選抜と県総合運動公園陸上競技場で第3節を戦い、2―1で今季初勝利を挙げた。琉球は1勝1分け1敗、勝ち点4。10位から6位に浮上した。
琉球は前半44分、新加入のMF田中恵太がヘディングで今季チーム初ゴールを奪って先制。田中は後半6分にもミドルシュートで2点目を挙げ、逃げ切った。
 
次節は4月5日午後1時から、長野パルセイロと長野県の南長野運動公園で戦う。

琉球新報 



 


▼第3節後の琉球コメント

●薩川監督
「受け身になると弱い部分がどうしても出てくるわけで、その意味でも次節の長野戦にはチャレンジャーとして準備していきたい。私としても絶対に負けたくないチームだ。今日の試合でつかんだ波を大きな波にして勝ち点をもぎ取りたい」

「(田中恵太選手について)恵太の『俺が!、俺が!』というところが良く表れていた。ハードワークの選手だという評価も広がっているようで、よく頑張っていると思う。ただし、今日はもう一点取れたはずだ。決定力の部分が必要ということだ。その力が、一選手個人としても、生き抜いていくためには必要だし、これに満足せずに質を高めていくようにと伝えた」
薩川監督


●松尾昇悟選手(ゲームキャプテン)
「普段通り変わらずに全員で試合の流れを作っていくものだという意識でやった。前節の藤枝戦に比べて、しっかりと自分たちのサッカーを意識できたと思うが、試合ごとの波は少なくして安定した運びを心がけていきたい。上位チームと比べても琉球のポゼッション率は高いので、たとえ相手が引いたとしても、そこはどんどん攻め込んでいく意識で今後も戦いたい」
松尾選手


●田中恵太選手(得点者 2得点)
「今日までゴールを決めることができないことで、みんなナーバスになっていたと思うが、1点目が入ったことで気持ちが楽になったと思う。自分の積極的な部分がプレーに出て、結果につながり良かった。内容はひとまず別にして、とにかく勝ち点3を取れたことでホッとしている。(怪我から復帰して)やっと試合に出られるようになってきたが、自分個人の得点というより、チームで今季初の得点という喜びの感じだ。次節の相手の長野は強いし、自分としても今日も走り足りない面があったが、もっともっとハードワークを意識して長野に勝って、その次のホームゲームにたくさんのファンが来てもらえるように頑張っていきたい」
田中選手


▼薩川監督の今年にかける思い↓↓

【RBC琉球放送インタビュー】



▼田中選手のツイートと反応






※畑田選手も第3節で1得点決めてます