中村選手
※#27が中村選手


下部組織『シュヴェスター』から昇格したレディース期待の地元出身"中学生"、#27中村選手と#28黒岩選手についての記事です。


女子サッカーなでしこリーグ2部・長野パルセイロレディースの下部組織「シュベスター」に所属している中学生2人が、今季からレディースに選手登録された。FW中村恵実(篠ノ井西3年)とDF黒岩奈緒(上田一2年)だ。本田美登里監督(50)は「ダイヤの原石。ゆくゆくは長野県出身の選手がレディースを引っ張っていってほしい」と、将来のチームの中核を担う存在として大きな期待を寄せている。

中村はすでに3試合でベンチ入り。アンジュビオレ広島とのホーム開幕戦(3月29日)で後半38分から途中出場し、リーグデビューを果たした。「緊張して体が動かなかった」と、得意のドリブル突破を仕掛ける場面は少なかったものの、そつのないプレーでチームの4-0勝利に貢献。「次に出場するチャンスをもらえたら、積極的に仕掛けて点を取りたい」と、初ゴールに意欲に意欲を示す。

黒岩はまだベンチ入りはないものの、「仲間が試合に出たのを見てうれしかった反面、悔しかった」と、中村のデビューにより刺激を受けた様子。中村とともに週に1~2回レディースの練習に参加。1対1に強い対人守備で猛アピールし、一日も早いデビューを目指している。

ともに将来の目標は「なでしこJAPANでプレーすること」と口をそろえる2人。本田監督は「めぐ(中村)は川澄、なお(黒岩)は岩清水のようなプレーヤーになってほしい」と現日本代表選手2人になぞらえてさらなる成長に期待。将来性十分のヤングなでしこの今後に注目だ。


スポーツニッポンより
 


川澄選手
川澄選手


岩清水選手
岩清水選手



長野から世界へ…夢があり楽しみですね(^^)