第7節


ここまで無敗の開幕5連勝と波に乗る山口に勝利することができました。#13勝又選手のスピードとフィジカルの強さは相手チームにとってかなりの脅威だったんじゃないかと思います。そしてなんといっても縦横無尽にピッチを走りまわった#20都並選手の活躍が攻守にわたって光った試合となり、同ポジションで今回控えに回った#33山田選手もかなり刺激を受けたんじゃないでしょうか。

守備では速いスピードでショートパスをつなげる山口相手に、#4内野選手の鬼気迫る守備がかなり効いてたと思います。 


4月26日(日)14:02 Kick Off
@南長野運動公園総合球技場 
5,062

長野【2-1山口



開始直後の1分にいきなり試合が動く。長野のGK田中 謙吾からのロングフィードをFW土井 良太が頭で落とす。このボールを拾ったFW勝又 慶典がGKをかわして無人のゴールに蹴り込み、先制に成功する。後手に回った山口は14分にMF鳥養 祐矢のゴールで一度は試合を振り出しに戻したものの、21分に右CKを長野のDF都並 優太に頭で決められ、再びリードを許してしまう。

後半は互いに何度か決定機を作ったが、フィニッシュの精度を欠き、このままタイムアップ。長野は4連勝を収め、開幕5連勝の山口は痛い初黒星となった。


J.LEAGUE.jp
http://www.jleague.jp/match/j3/2015/042618/live#recap


 




パルセイロ

《スターティングメンバー》

GK31田中、DF4内野、DF3大島、DF2松原、DF20都並、MF14金久保、MF19向、MF25有永、MF13勝又、MF11土井、FW7佐藤

《リザーブメンバー》
GK21金、DF15西口、MF33山田、MF5大橋、MF8 菅野

交代)73’金久保→西口、80’土井→大橋、85’勝又→菅野、90+1’向→山田
得点)1’勝又、21’都並



レノファ山口
《スターティングメンバー》

GK17一森、DF2宮城、DF5池永、DF6黒木、DF21廣木、MF8島屋、MF14小塚、MF44庄司、MF11鳥養、MF7福満、FW9岸田

《リザーブメンバー》
GK1森田、DF3菊本、MF13松本、MF25チェ・ジュヨン、MF39平林

交代)63’黒木→チェ、
鳥養→松本
得点)14’鳥養




▼試合後の美濃部監督コメント(要約)
勝利に関しては、評価できると思います。相手に対してしっかりリスペクトする、相手のことをしっかり理解して、それに対してしっかり対応するということが、勝利に繋がるということを、選手たちが理解してくれて、それがこのゲームの勝利に繋がったと思います。
強いチームなので、1点はやられるかなと思っていましたので、そこは僕はあまり動揺しませんでしたし、もう1点取れるという自信もあったので、それが結果的にセットプレーという形で出たので、よかったと思います。攻守において今日は選手を褒めてあげたいです』 

コメント全文
http://parceiro.co.jp/news/top/201504263422.html 


▼試合後のレノファ上野監督コメント
長野はいいチームで、開始早々長野の勢いに後手を取ってしまいました。また、長野のしたたかさ、気合がレノファを上回っていました。
連勝は止まってしまいましたが、内容は悪くないので次節に切り替えたいと思います。課題もたくさん見つかりましたので、一つ一つ修正して琉球戦にのぞみたい』 

コメント全文
http://www.renofa.com/archives/result/2015j3_07/ 




▼その他の結果と入場者数

@町田市立陸上競技場 
3,511
町田【6-0J-22

@富山県総合運動公園陸上競技場 
2,812
富山【1-0藤枝

@あきぎんスタジアム 
1,815
秋田【3-0】相模原

とりぎんバードスタジアム 1,511
鳥取【1-2福島

沖縄県総合運動公園陸上競技場 856
琉球【3-1盛岡 




▼得点ランキング

1位    島屋(山口)   4点 
1位   岸田(山口)  4点
3位   宮崎(町田)  3点
3位   鈴木(町田)  3点
3位   久木野(町田)     3点
3位   井上(相模原)  3点
3位   勝又(長野)  3点
3位   畑田(鳥取)  3点