らじ☆カン



SBCラジオ『
らじ☆パル』ではJ-22選抜戦でスーパーセーブを連発した#31田中選手のインタビューでした。

以下、インタビュー内容です。



田中選手

―ここまでの連戦を振り返っていかがですか?
『けっこう失点が続いているので、守備としてはJ-22戦が無失点で終われて良かったと思います』


―キーパーから見て守備陣全体の動きはいかがですか?
『うちは惜しいシュートとか決定機の回数(を相手に作られること)は少ないと思うんですけど、クロスだったりセットプレーからやられる形が今年は多くて自分を含めそこは課題かなと思ってます』


―そんななかJ-22戦はスーパーセーブがありましたね
『そうですね、たまたま取れる範囲のところにボールが来たので抑えることができました


―試合後の監督のコメントが厳しかったがそのへんはいかがですか?
『そうですね、そうゆうゲームだったからこそ自分にピンチがきたっていうのもありますし、やっぱりそこは自分含めもっとチームを鼓舞して、もっと高い意識で試合に臨まなければいけないと思います


―夏に向けてナイターが増えるが、状況としてどう?
『フィールドの選手にはやりやすい気候だと思うので、ナイターでゲームっていうのは楽しみでもありますし、やり易い環境だと思います


―グルージャ盛岡戦はどんな形で挑む?
『無失点で勝利できるように、またしっかりと準備していきたいと思います』


―最後にサポーターにメッセージを
『いつも本当に声援が力になっているので、またアウェイで勝利できるように頑張ってきます』



無失点で勝利したのは久しぶりじゃないでしょうか。

富山戦の負けを引きずりかけましたが、しっかり断ち切ってくれた田中選手にはグルージャ戦も失点0の活躍に期待してます。