5月31日(日)18:00 K.O.
@南長野運動公園総合球技場

試合終了



長野【1-0】富山



《スターティングメンバー》
GK31田中、DF4内野、3大島、2松原、MF15西口、25有永、19向、20都並、FW13勝又、11土井、7佐藤

《リザーブメンバー》
GK21金、MF5大橋、14金久保、FW9高橋、10宇野


《見どころ》
2位の長野と6位の富山が相対する。長野が今の勢いを保てるか、それとも富山が上位争いに加わるキッカケをつかめるか。第2クールの初戦は今後を占う重要な一戦となる。

長野は前節に上位を争う鳥取と対戦した。前半は無得点で折り返したが、48分にMF向 慎一が左サイドからクロスを上げると、右ウイングバックのDF西口 諒が頭で合わせて先制。そのまま逃げ切りに成功し、連勝を4に伸ばした。クロスに逆サイドの選手が合わせてのゴールは第12節の秋田戦でも見られ、今季の形の1つといえる。富山はクロスからの失点が全体の約3割を占めるだけに、サイドからの攻撃がチャンスにつながるだろう。

対する富山は5月に入ってから負けなしだったが、前節の福島戦を1-2で落とし、5試合ぶりに敗北。三度目の複数失点を喫するなど、守備が機能せず。また、攻撃も狙い通りの形をほとんど作り出せなかったように、攻守両面で課題を露呈した。5月3日に長野と対戦した際は、FW中西 倫也の開始早々のゴールで得たリードを守り切り、勝点3を奪っている。今節も再現できるかに注目だ。


J.LEAGUE.jp
http://www.jleague.jp/match/j3/2015/053116/ticket#preview

※分かり次第随時更新