第26節

悔しい敗戦となってしまいましたが、ここ数試合ずっと同じような試合が続き、いつ負けてもおかしくないような状況でした。

選手・監督にかかるプレッシャーはとても大きいかもしれませんが、これで天皇杯によりリーグ戦も中断しますので、衛藤監督のもと気持ちを切り替えて、ここまできたらOB戦のようにもっと楽しんでサッカーして欲しいと思います。


第26節 8月16日(日)17:00 K.O.
@南長野運動公園総合球技場 
4,654


長野【0-1】J-22


序盤は互いにミスが目立ち、好機に恵まれない展開となった。J-22は33分に高い位置でボールを奪って決定機を得るが、長野の体を張った守りに阻まれて得点ならず。逆に長野は36分から3本立て続けにCKを得るなど、セットプレーでゴールに迫る。

後半は長野が攻勢を保つ。だが、60分に放ったDFパク ゴンのヘッドがGKに防がれるなど、もどかしい時間帯が続く。速攻を狙うJ-22も、68分にMF大島 康樹(柏)が、74分にMF和田 達也(松本)がGKとの一対一を迎えるも、決め切れない。

そんな中、試合が動いたのは90分。J-22のDF進藤 亮佑(札幌)がゴール左隅に値千金の決勝ゴールを決め、今季初の連勝を飾った。

J.LEAGUE.jp









AC長野パルセイロ
《スターティングメンバー》
GK31田中、DF4内野、DF3大島、DF28パク、DF20都並、MF33山田、MF25有永、MF6仙石、MF7佐藤、FW9高橋、FW13勝又

《リザーブメンバー》
GK21金、DF2松原、MF30伊東、FW10宇野沢、FW32近藤

交代
:63’高橋→宇野沢、75’仙石→松原、80’勝又→近藤、90+1’佐藤→伊東


《衛藤監督コメント(要約)》
前半はプレスを掛けてカウンターという理想形がはまらず焦りに発展した。後半は相手も工夫してきてカウンターを狙ってきた。分かってはいたが、焦って点を取れなかったことが非常に残念な結果を生んだと思う
 


Jリーグ・アンダー22選抜
《スターティングメンバー》
GK1山田、DF15石田、DF2進藤、DF4奈良、DF3乾、MF6白井、MF8石毛、MF11斎藤、MF9大島、MF7和田、FW14西村

《リザーブメンバー》
GK16牲川、DF12高山、MF13中島、FW10岩元

交代:46’乾→高山、70’西村→岩元、72’斎藤→中島

得点:90’進藤



《高畠監督コメント(要約)》

『前半は長野さんの圧力に少し押されてしまっていた部分があったが、(圧力に)惑わされずポジションを取って攻撃するよう、ハーフタイムに修正を掛けた。後半は体力的に厳しくなったが、長野さんも前掛かりになってきて、そこをカウンターで狙っていくというのを選手たちが感じ取ってくれた。前半ほど慌てずにボールコントロールもできていたと思う』
 

両監督コメント全文:
http://www.jleague.jp/match/j3/2015/081614/live#coach



▼その他の結果
@維新百年記念公園陸上競技場 
8,474
山口【5-0】琉球

@町田市立陸上競技場 2,427
町田【4-0】藤枝

@チュウブYAJINスタジアム 
1,715
鳥取【1-2】富山

@とうほう・みんなのスタジアム 
1,308
福島【1-1】相模原

@盛岡南公園球技場 
1,170
盛岡【0-0】秋田

※YS横浜は休み



▼得点ランキング
 
1位  岸田(山口) 24点
2位  島屋(山口)13点
3位  福満(山口) 11点
4位  鳥養(山口) 8点
4位  佐藤(長野) 8点
4位  鳥養(山口) 7点