三ツ沢上駅

第21節 9月19(土)13:00 K.O.
@ニッパツ三ツ沢球技場

 日体大 vs 長野



【スタジアム】
ニッパツ三ツ沢球技場
1955年の第10回国民体育大会(神奈川国体)に備えて、日本におけるサッカー専用スタジアムのはしりとして建設され、1964年の東京オリンピックにおけるサッカー競技の会場としても使用された。

1991年にJリーグの発足と横浜マリノス・横浜フリューゲルスの参加が決まると、横浜市内を本拠地とする両チームのホームスタジアムとして三ツ沢球技場が選定され、当時のJリーグ(J1)規格を満たす約15,000人を収容できるスタジアムとして、リーグ発足の1993年に増築された。
2007年にネーミングライツ導入が決定され、ばね製造の日本発条が命名権を年間8000万円、5年契約で取得したことにより、2008年3月より愛称が「ニッパツ三ツ沢球技場」、略称が「ニッパツ」もしくは「ニッパツ球技場」となった。
また2014年のJ3リーグでは
横浜スポーツ&カルチャークラブ(Y.S.C.C.横浜)が
当球技場をホームスタジアムとして登録。これにより、Jリーグ史上初めて、3クラブのホームスタジアムとなった。

収容人員:15,454人(メイン 5,580人(車いす席20)、バック・サイド 9,874人(車いす席10))


【アクセス】
《自動車で》

〒221-0855 神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町3-1

※公園内に駐車場
はありません。


《バス・電車》
ニッパツアクセス
※地下鉄の路線図・時刻表はこちら
 
ニッパツ三ツ沢バス

※横浜駅西口のバス停

横浜駅西口バス停

※最寄りのバス停『三ツ沢総合グランド入り口』
横浜駅~三ツ沢グランド入り口
※バスの路線図・時刻表はこちら


【その他】
※開場は12:00~
※観戦無料
※鳴り物禁止
※HTに日体大チア部パフォーマンスあり