第36回北信越国民体育大会

和歌山県でおこなわれている国民体育大会『2015紀の国わかやま国体』に出場したサッカー女子長野県代表は、パルセイロ・レディースのメンバーに信州大学女子サッカー部のMF大平理恵選手を加えた布陣で初戦 神奈川代表と戦いました。

結果は3-2
で長野の勝利!明日の準々決勝へと駒を進めました。


【長野県(女子)】

<先発選手>
GK1林﨑、DF2田中、3矢島、4野口、MF5内山、6國澤、12中村、14牧井、15大平(信大)FW10横山、11泊

<交代選手>
MF7橋浦、8濵垣 、3五嶋、FW9内山(朋)

<監督>
本田 美登里


交代:HT’中村→橋浦、大平→濵垣、56’泊→内山

得点:26’泊、41’矢島、70+4’橋浦



明日の準々決勝の対戦相手は『愛媛FCレディース』でメンバーを構成している愛媛代表ということもあって、何としても明日も勝利しリーグ戦への足がかりとしたいところです。



>>サッカー女子日程
準々決勝 9月29日(火)13:30~

 長野 vs 愛媛

※勝ち上がると準決勝30日、決勝10月1日



関連:
▶長野県選手団コメント 
▶レディースが長野県代表として参加する国体の組合せ決まる