第70回国民体育大会

1回戦で神奈川県代表を破り準決勝に進んだサッカー女子長野県代表は、準決勝で愛媛県代表と戦いました。

後半48分に愛媛に先制されるも、試合終盤の68分に横山選手が得点し試合を振り出しに戻します。延長前半に横山選手がさらに得点して勝越すと、そのまま逃げ切りなんとか準々決勝を突破することができました。


準々決勝 9月29日(火)13:30~


長野 2-1 愛媛


【長野県(女子)】
<先発選手>
GK1林﨑、DF2田中、3矢島、4野口、MF6國澤、8濵垣、14牧井、15大平(信大)FW9内山(朋)、10横山、11泊

<交代選手>
MF5内山(智)、7橋浦、13五嶋、FW12中村

<監督>
本田 美登里


交代:48’大平→内山(智)、泊→橋浦、64’内山→五嶋

得点68’横山、80+4分’横山



決勝の相手は浦和レッズや日テレ・ベレーザの下部組織に所属している選手や、高校・大学生といった若手主体でチームを構成している東京都代表と戦います。

若さでガツガツ来る相手を抑えて、なんとか決勝に勝ち進んで欲しいと思います!



>>サッカー女子日程
準決勝 9月30日(水)13:30~

 長野県 vs 東京都

※勝ち上がると決勝10月1日



関連:
▶長野県選手団コメント 
▶レディースが長野県代表として参加する国体の組合せ決まる