コンサドーレ札幌

 今年4月、Jリーグに『国際部』という新たな部署が設置された。といっても兼務2名を含む、合計4名の小所帯である。国際部の前身は、2012年1月に立ち上がった『アジア戦略室』であり、それを発展的に改組したのが国際部ということになる。

 言うまでもなくJリーグは日本の国内リーグだが、日本国内だけを見ていれば良いというわけではもちろんない。ACL(AFCチャンピオンズリーグ)をはじめとする国際大会も増えてきたし、各クラブも今後はますますアジア市場を視野に入れたビジネスが求められるようになる。Jリーグも間違いなく、グローバリズムの中に組み込まれて久しいわけで、そうした中での国際部の必要性が高まっていったことは容易に想像できる。

 本稿は前後半の2回に分けて、国際部リーダーの山下修作さん、そして遠藤渉さんと小山恵さんの3人にお話を伺う。日々、国外の空気や熱を肌で感じている彼らから見て、アジア(あるいは世界)におけるJリーグの位置づけとはどのように変化しているのであろうか。さっそくインタビューをスタートさせることにしたい。(取材日:2015年9月25日)


アジア戦略室から国際部へ

──今日はよろしくお願いします。まずはリーダーの山下さんに「国際部とはどんな部署なのか」について解説していただきましょう。国際部の前身は、アジア戦略室だったわけですよね?

山下 そうです。アジア戦略室というのは12年1月から始まって、Jリーグがアジアの中でこうやっていけば成長するよね、みたいな道筋はある程度は見えてきました。そこで次の成長というものを考えると、アジアにとどまらずに、さらに視野を広げて施策を考える必要性というものを考えて、今年の4月から国際部となりました。


(中 略)


アジアで感じる、日本への眼差しの変化

──海外との接点を持つと、見えてくるJリーグの現状というものがあると思うんです。漠然とした質問で恐縮ですが、最近特に外を見て感じることってどの辺ですか?

山下 プラスとマイナスの面があります。マイナスはやはり、ACLで勝てていない、日本代表もアジアカップではベスト8で、東アジアカップでも男子は最下位。そうなると「日本、最近弱いね」とストレートに言われたりします(苦笑)。やっぱりACLで勝たないと、まったく直近の評価はされないですし、代表戦などもよく日本戦を見ているので、そこで勝たないと「日本から学ぶ部分などないんじゃないか」と思われてしまう危機感がありますね。

──まあ、そうでしょうね。逆にプラスの面は?

山下 日本への評価というのは、依然として高いと思っています。育成にしろ、マーケティングにしろ、すごくリスペクトを受けていますね。あとは八百長がないこと、それから百年構想やクラブライセンス制度といった、国内向けに行ってきたことが、海外でも非常に評価されるようになったのは良い傾向だと思います。

小山 先日、タイの観光スポーツ大臣が来日して、お話をする機会があったのですが、「自分たちが現職の間にタイをワールドカップ(W杯)に出場させたい。ついては育成やマーケティングについて、日本から学びたい」ということはおっしゃっていましたね。タイも、今は国内リーグが盛り上がっていて、お金も集まってきているのですが、まだまだ国や特定のスポンサーに偏っている部分がありますから。

──遠藤さん、事業部としての視点からご覧になって、いかがでしょうか。

遠藤 先日、香港に行ってきたんですけれど、たまたま立ち寄ったコンビニにサッカー雑誌が置いてあったので手にとってみたんです。最初のほうにプレミアやブンデスの話があって、中のほうにJリーグの特集ページが入っていたんですよ。アジアではJリーグしか出ていないので、注目されていることを肌で感じました。広東語なので、なんとなくでしか分からないのですが、「Jリーグは素晴らしいけれど、外国人には行きづらい。なぜならコンビニでしかチケットが買えないから」といったことが書かれてありましたね。


(中 略)


──具体的に、クラブ単位で海外との提携に積極的なのはどこでしょうか?

山下 セレッソ大阪ですね。先日発表されましたけれど、シンハービールがC大阪のトップパートナーになりました。その前にはレッドブルといった感じで、日本に留まることなく積極的に海外に仕掛けてビジネスをしている印象ですね。また、向こうの選手を獲得しながら地域を盛り上げていこうとしている好例は、コンサドーレ札幌ですね。それぞれのクラブが、それぞれのスポンサーだったり株主だったり、さらには行政のニーズにマッチした形での戦略をとって、クラブや地域やスポンサーを成長させていこうとしています。

──今のところ、アジアに積極的なところもあれば、なかなかそこまで意識する余裕もないし、人も回せないクラブもあると思うのですが。

山下 それは感じます。ただし横並じゃなくても全然問題ないと思いますし、マンパワーに限りがあったりそれぞれのクラブの経営戦略があったりするところで、無理やりアジアに行ってほしいとは僕らも思っていません。ただ、クラブとしてより成長したいと考えたときに「アジアという選択肢がありますよ」、興味はあるけれど何から初めていいか分からないとなったら「じゃあ、一緒に行きましょう」というのが、われわれの役割だと思っています。


(中 略)


──素晴らしいチームワークですね(笑)。今、マレーシアの名前が出てきましたが、アジア戦略室がスタートした頃、最初にアプローチしたのが、タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシアだったと思います。最近ですと、カンボジアやミャンマーあたりが脚光を浴びているようですが、一口にASEAN(東南アジア諸国連合)と言っても、サッカーやビジネスをめぐる状況はかなり異なります。その点については、どのように考えていたのでしょうか?

山下 まず重点国として、今おっしゃった、タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシアですね。人口、経済、日系企業の進出具合、またサッカーへの熱量や国内リーグの成熟度といった点で判断しました。実は最初にマレーシアにアプローチしようとしたのですが、先方のトップが替わってリーグが混乱している間に、タイとのパートナーシップを最初に発表することになりましたね。


記事全文は↓より
http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201510240004-spnavi?p=1



3: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 19:27:19.52 ID:CTZl8WyC0.net
コンビニ以外でも買えるじゃーん

6: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 19:35:48.32 ID:NRyQWV1Y0.net
人口的に旨味がありそうなのはインドネシア、フィリピン、タイ、ベトナムって感じ

8: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 19:37:04.66 ID:eUAHTUPd0.net
位置づけも何も
昼間に試合やっておいてよく海外戦略とかアホなこと言ってられるな

14: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 19:52:58.05 ID:lSLB0YOa0.net
>>8
四時開始くらいなら東南アジアで見れるな

10: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 19:40:59.75 ID:mqwxJlQR0.net
アジア諸国に見てもらうためには
その国の選手をJに連れくるのが
一番手っ取り早いだろう

13: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 19:51:23.22 ID:NRyQWV1Y0.net
>>10
留学生を連れて来て部活を斡旋した方がいいと思う

12: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 19:43:23.90 ID:nK01rtPs0.net
組織の上から現場、果ては周りの見る目に至るまで、
勝ちたいからどうする、という能動的な思考じゃ無いもんな
結果が揮わないからこうしなければいけないと言う体面に準じた
受動型の思考でしか動けない
日本サッカーの根底の問題部分がこれ

17: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 20:00:08.72 ID:wiZ86HNk0.net
協会何やってんだろ遅いわっw
まあやらないより良いけど漸くたどり着いたかって感じ

20: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/27(火) 04:44:19.85 ID:APQBZs7K0.net
日本、東南アジアスキやなwww


【引用】http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445855076/