本田監督

今日はレディース本田監督の誕生日です。


本田 美登里(ほんだ みどり)
1964年11月16日、静岡県出身の女子サッカー指導者。元サッカー選手(ポジションはDF

小学3年生でサッカーを始め、高校2年生のときに日本女子代表に選出される。以後10年間で国際Aマッチに43試合出場。

指導者としては1991年から1993年に読売ベレーザ/メニーナのコーチ。
1999年にU-18日本女子選抜コーチとして第1回Adidas Cup参加。2000年にはU-18日本女子選抜監督代行として第2回Adidas Cupに参加。
2001年から岡山湯郷Belleの監督に就任。
2005年ユニバーシアード世界大会では女子サッカー代表の監督を務め3位の成績を修めた。

2007年には女性として初めて日本サッカー協会公認S級コーチの資格を取得。
岡山湯郷Belleの監督を退任した翌2012年、U-20サッカー日本女子代表コーチに就任。
2013年にAC長野パルセイロ・レディース監督に就任した。

本田監督

レディースを公約通り3年で
なでしこ1部に昇格させた名将で、日本女子サッカー界で最も重要な1人と言っても過言じゃない本田監督。

昨日の皇后杯でも試合後に選手やサポーターからお祝いされていました♪
来年からはいよいよ1部リーグが戦場となりますが、レディースがどんな戦いをするのか注目です。