2015最終日

トップチームが今季最後の練習を行いました。


 サッカーJ3のAC長野パルセイロは6日、今季最後の全体練習を長野市千曲川リバーフロントスポーツガーデンで行った。ファンやサポーターら約100人が見守る中、1時間半ほどドッジボールやミニゲームで体を動かした。

 クラブは同日までに、向ら7選手の退団を発表。向と鮫島は8日から千葉市で行われるトライアウトに参加し、新たな所属先を探す。宇野沢主将は、ともに日本フットボールリーグ(JFL)昇格を経験したベテラン大橋が今季限りで引退することについて「一緒にやれなくなることの実感がまだ湧かない」と話した。

 練習終了後に選手とスタッフが記念撮影。退任する衛藤監督は「選手には苦しい状況の中でも『楽しまないといけない』と伝えてきた。その部分は手応えがある」とし、「最後の日に、大勢のサポーターに集まってもらえた」と目を赤くはらしていた。

http://www.shinmai.co.jp/soccer/2015/12/post-1578.html
信毎web



▼選手コメント▼