スポーツジェネレーション

テレビ信州『スポーツジェネレーション』で衛藤元監督が指揮してからの4ヵ月間を振り返りました。

以下、衛藤元監督のコメントです。


衛藤監督

―― 今季について
衛藤元監督:(今季は)3年目の第1クール、第2クール、第3クールっていうのはどれも波があって、夏を境に勝てなくなって最後山口戦で劇的な負け方をして、非常に辛いというかどうして良いものか…っていうのは覚えてます。


―― 監督就任について
衛藤元監督:(美濃部前監督からの手紙で)『監督をやるチャンスっていうのは突然訪れるもんや。それだけの準備してきた人間だから受けたら良いんじゃないの』と。僕もプライドかけてやりました。


―― 指導に関して

衛藤元監督:一番こだわったのは『人の文句言う前にやれ!』、あとは競争してもらう。あかん選手はエースでも何でも外す。『俺はフラットに見る!』


―― 最終戦の思い

衛藤元監督:南長野ができたっていうのはOBのエルザの方々とか色んな方々がサッカーしてこられてここまで進んできたっていう…そこはね、だから町田にはやらせたくなかった。


―― 来季のチームへのエール

衛藤元監督:昇格するっていうのは成長していかなければ。最初から最後まで同じテンションでいけないと…波もあるし。それだけ成長というか自信を付けて(いって欲しい)


衛藤監督