宇野澤選手

今年最後のSBCラジオ『
らじ☆パル』で宇野沢キャプテンが今季を振り返りました。

以下、内容です。



宇野沢選手

―― 今シーズンを振り返って自分の動きはどうだった?
宇野沢:シーズン開幕から行きたかったんですけど怪我の影響で試合に出れない日々が続いて、リハビリで早く戻ろうって気持ちでずっとやってたんですけどなかなか戻れなくて、戻ってからも思ったようなパフォーマンスできなかったんで、今シーズンはけっこう厳しかったなって感じです。


―― 出れない時期はどんな気持ちで見守ってたんですか?
宇野沢:自分がピッチに立てない悔しさっていうのは当然あったんですけどそれよりもチームが勝って欲しいなっていうので、毎回ホームの時は上で見てたんですけど、ずっと応援してました。


―― 思い描く形と、3位という結果はどうだった?
宇野沢:優勝して昇格っていうのを目標に掲げてやってたんで、3位っていう結果は思い描いていたよりもだいぶ厳しい結果になってしまったなっていう感じです。


―― 良かった点、印象に残るシーンや試合は?
宇野沢:第2クールの途中くらいで勝点差的に1位とかなり離れてて厳しい状況になったんですけど、監督が変わったりとかして選手がもう一回気合を入れ直して頑張ろうって事でやってて、そこから厳しい試合を逆転したりとかっていうのが何試合かあったので、そういうところが良かった点かなと思います。


―― 自身のプレーで良かった点は?
宇野沢:いやー今年1点しかとってないんですけど(取れた時は)ホッとしたっていうのが1番大きかったですけど、正直もっと点取れれば良かったなって思ってます。


―― 年末年始はどう過ごす?
宇野沢:怪我の個所が完全ではないのでしっかり治すことと、そのために筋力を付けなければならないのでそういう所はしっかりやりつつ、今シーズンのプレーを振り返ったりしながらまた来シーズンに向けてやっていきたいと思います。プライベートでは時間があるんでトレーニングと、実家帰ったりしたいと思ってます。