塩沢勝吾

J2松本山雅FCより、上田出身の塩沢選手がパルセイロに入団することが分かりました。

『もう一度松本山雅と同じ舞台に立って戦いたい』という強い気持ちが、きっとパルセイロ昇格の大きな力になってくれるハズ!信州サッカーの為にも活躍が期待されます。


 松本山雅FCに昨季まで5年間在籍し、契約満了により移籍先を探していたFW塩沢勝吾(33)=上田市真田町出身=が、J3のAC長野パルセイロに移籍加入することが7日、分かった。8日にも発表される見通し。

 塩沢は、2012、13年とJ2松本山雅で2年連続2桁得点を挙げたストライカー。ただ14年はけがで2得点にとどまり、J1を舞台に戦った昨季は9試合出場で無得点だった。昨年12月に松本山雅が塩沢との契約を更新しないと発表。塩沢は現役続行を希望していた。

信濃毎日新聞




▼長野でのコメント


「このたび、AC長野パルセイロへ加入しました、塩沢勝吾です。ベテランとしてチームを引っ張るとともに、ルーキーとして必死にチャレンジしていきたいと思います。そして、J2昇格という目標を現実にしたいと思います。自分のため、長野県サッカーのため、少年たちの夢のために、全力を注ぎますので、一緒に闘ってください。よろしくお願いします。」

http://parceiro.co.jp/news/top/201601074328.html
AC長野パルセイロ


▼松本でのコメント

このたび、AC長野パルセイロに移籍することになりました。サポーターのみなさんの気持ちを裏切ることになってしまうかもしれませんが、サッカー人として、自分を評価し、オファーを出してくれたチームを選択しました。これからも、自分のため、長野県サッカーのため、少年たちの夢のために、頑張っていきたいと思います。パルセイロにいっても、塩沢勝吾は変わりません。叱咤激励よろしくお願いします。5年間お世話になりました」

http://www.yamaga-fc.com/archives/43638
松本山雅FC


▼塩沢選手って??
1982年、長野県に生まれる。上田高校を卒業後、浪人生時代に地元クラブ・上田ジェンシャンでプレー。
水戸では入団1年目のJ2開幕戦からデビューを果たし、10月にはプロ初ゴールを記録。翌年には主力選手として定着し、7ゴールを挙げた。
2009年は、佐川印刷SCからFW起用を前提としたオファーを受け、午後は社業に従事する社員選手として入団した。すると、チームにすぐに溶け込み、JFLリーグ戦17得点でシーズン得点王を獲得した。
2011年より地元の松本山雅FCに移籍した。松本山雅のJ2参入となった2012年は反町康治監督の指導の元でブレイクを果たし、自身初のJでの2ケタ得点となる11得点を挙げた。 2013年も開幕戦の栃木SC戦でこの年のJ2ファーストゴールを決めるもののその後不振が続いたが、後半戦に入り復調し、2年連続2ケタ得点となる10得点を挙げた。 2014年は新加入のサビアに開幕スタメンを奪われ、途中出場が主となるものの開幕以来全試合に出場していたが、5月24日のJ2第15節ジュビロ磐田戦で左アキレス腱断裂の重症を負い、全治5ヶ月と診断された。Wikipedia


▼塩沢選手の出場記録
 
■2005 山形(J2)
 ※出場無
■2006 水戸(J2)
 リーグ 24出場(  1得点)
 天皇杯 1出場(  0得点)
■2007 水戸(J2)
 リーグ 42出場(  7得点)
 天皇杯 2出場(  0得点)
■2008 水戸(J2)
 リーグ 7出場(  0得点)
 
■2012 松本(J2)
 リーグ  35出場(11得点)
 
■2013 松本(J2)
 リーグ 42出場(10得点)
 天皇杯 2出場(  1得点)
■2014 松本(J2)
 リーグ 17出場(  2得点)
 
■2015 松本(J1)
 リーグ  9出場(  0得点)
 天皇杯 1出場(  0得点)
 ナビスコ 4出場(  1得点)