三浦新監督

1月15日、ホテル国際21でおこなわれたトップチーム三浦文丈新監督の就任記者会見の様子です。


「こんにちは三浦です。選手と共に戦い、しっかり準備してJ2昇格を達成できるように頑張ります。どうぞよろしくお願いします」


―― AC長野監督を引き受けた理由について。
「第一に自分自身に挑戦したい気持ちがあった。一緒にクラブを作り上げて欲しいーという神野強化部長の話しにも共感した。(初めての監督だが)不安はない。本当にワクワクしている」


―― J2昇格に何が必要か。どんなチームを作りたいか。
「試合映像を見たところ、選手一人一人の能力は高い。頑張っているが、グループとして少しバラバラかなという印象を受けた。良い所を継続しながら、もう少し攻守で連動、連携するよう同じベクトルに向かせたい。それができれば昇格は達成できるのではないか」

「90分間ハードワークする。攻守においてアグレッシブ(攻撃的)に、状況に応じてフレキシブル(柔軟)に戦う。そういうチームを目指す」


―― 選手として高校、大学、Jリーグで日本一になった。AC長野をどう「常勝軍団」にするか。
「一度に全てを変えるのは難しい。こつこつと毎日の練習をしっかり積み上げた先にそれはあるだろうし、クラブにとってはもっと先の目標かもしれない。今年はまず、J2昇格の目標にしっかりと取り組む」


信濃毎日新聞より



FMぜんこうじ『ドバッシーのフォルサ☆パルセイロ』によると、三浦監督がモットーにしていることは色んなことをポジティブにとらえることで「選手にもポジティブな言葉をかけていけるようにしたい。マスコミの皆さんもポジティブな行動をお願いします」とおっしゃっていたようです。

また三浦監督はまだまだ体が動くので、選手に混ざって体を動かしながら指導していくとの事です。