西口選手

SBCラジオ『らじ☆パル』ではDF15西口諒選手のインタビューが放送されました。

以下、内容です。



―― 昨シーズンはどんなシーズンだった?
西口:正直言って悔しいシーズン。チームとして昇格できなかったことも悔しいですけど、個人としては大きな怪我もあって3ヶ月ぐらい離脱してしまってチームに迷惑をかけてしまったんですけど、特に怪我する前までは上がっていた感じで調子づいたんですけど、そこで怪我してしまってホンマにもったいないと言うか悔しいシーズンだったなっていうのは思います。


―― 悔しい時期はどんな気持ちで見守ってた?
西口:まあもう落ち込んでても仕方ないんで、一緒にプレーはできないですけどチームの為にしっかり盛り上げたりとかそういう雰囲気作りじゃないですけど、そういう盛り上げることを意識して頑張ってました(笑)


―― 回復してからのプレーで良かった点は?
西口:戻ってきてからでもYS戦ですかね?戻って初スタメンになって、そこで1ゴール1アシストの結果が出てチームに貢献できたことが良かったですね。


―― しっかり形になりましたね
西口:そうですねみんなが支えてくれたおかげでああいう結果が出たっていうのは、自分自身としても嬉しいです。


―― 昨シーズン初めに思い描いたチームの形と、3位で終わった結果を比べていかがですか?
西口:描いていたのは"優勝・昇格"だったのでその点が悔しいところですけど、けど最後の最後まで分からない状況まで持って行けたって事はチームが団結した力だったと思うんで、そういうところは良かったと思います。


―― パルセイロの良い部分が出たと?
西口:そうですね。パルセイロはチーム力は良いと思うんで、そこはやっぱり最初から最後まで出たんじゃないかなと思います。


―― 練習していてチームの雰囲気はどう?
西口:非常に良い感じで、やっぱり楽しくじゃないですけどしっかりみんなでやって盛り上げながらやってるんで、非常に雰囲気としては良いんじゃないかなと思います。


―― 最後にメッセージを
西口:昇格は出来なかったですけどみなさんのおかげで自分たちがあると思うんで、これからもよろしくお願いします。


※インタビューは昨年末