なでしこジャパン沖縄キャンプ

リオデジャネイロオリンピックのアジア最終予選に向けて1月18日からおこなわれてきた第1次日本女子代表候補沖縄キャンプ(@石垣島)が終了しました。第2次キャンプは2月14日(日)~2月19日(金)の6日間、
沖縄県中城村の吉の浦公園ごさまる陸上競技場で予定されています。

また2次キャンプには1次キャンプのメンバーが再度招集されることが濃厚のようですが、今回招集された海外組の4選手が次回は参加できない為、その分国内組から同数程度の招集があるようです。



第1次キャンプ終了 ~日本女子代表候補トレーニングキャンプ@石垣~

リオデジャネイロオリンピックのアジア最終予選に向けた、日本女子代表候補トレーニングキャンプは25日(月)、8日間の全日程を終えました。


(中 略)

現在のチーム状況を聞かれ、宮間あや選手は「満足することはないが、間違いなく前に進んでいる」と語りました。


次にチームが集まるのは2月中旬の沖縄キャンプ。約3週間の期間が空きます。より試合期に近い身体に仕上げるため、次のキャンプ開始時にあるべき姿を共有し、各自がクラブに戻ってコンディション向上を図っていきます。大阪で行われるアジア最終予選は2月29日(月)に初戦を迎えます。日本の対戦相手はオーストラリア。全5試合ともにキンチョウスタジアムで行われます。

JFA.jp


▼沖縄キャンプ関連報道▼

<サッカー女子>なでしこGK争い激化 五輪最終予選へ火花

五輪はW杯より、登録人数が5人少ない18人(アジア最終予選は20人)となる。そのため、ロンドンまでの過去3大会ではGKの登録は2人にとどまった。「まだ(GKの人数は)決めていない。コンディション、バランスを考えて」と佐々木監督。


毎日新聞 1月24日(日)10時30分配信
http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160124/k00/00m/050/056000c


【なでしこ】19歳乗松、寒波なんの半袖で熱烈アピール!

 昨年のW杯は予備登録の35人にとどまった。本職はセンターバックで、SB歴はまだ1年。「改善できる部分はまだまだある。何でもこなせるSBになりたい」。伸び盛りの勢いで、新風を吹き込む。

スポーツ報知 1月25日(月)7時6分配信
http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20160125-OHT1T50029.html


佐々木監督「中国VS韓国」弾丸視察 五輪切符ライバル丸裸に

 サッカー女子日本代表の佐々木則夫監督(57)が、中国で開催されている「4カ国親善大会」を弾丸視察することが24日、分かった。

 中国、韓国、ベトナム、メキシコが出場している今回の「4カ国親善大会」。中国、韓国、ベトナムは五輪アジア最終予選の出場国で、北朝鮮と豪州を含めた5チームで2枚の五輪切符を争う。佐々木監督がチェックするのが中国―韓国戦。中でも強い警戒心を示したのが、昨年9月に監督交代のあった中国だった。


スポニチアネックス 1月25日(月)9時20分配信

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/01/25/kiji/K20160125011918270.html


宮間 なでしこ合宿の収穫を実感「間違いなく前に進んでいる」

今合宿はチーム便の欠航や悪天候に悩まされながらも、フィジカルの強化と同時に、実戦やミーティングを通じて意識の統一が図られた。居残りのシュート練習で締めくくったMF宮間は「(合宿で)細かいところも意識してやった。間違いなく前に進んでいる」と収穫を口にした。

スポニチアネックス 1月26日(火)7時1分配信
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/01/26/kiji/K20160126011923240.html


【なでしこ】国内組にラストチャンス!海外組不参加で沖縄2次合宿

 次回の合宿は国際Aマッチデーではなく、今回参加した海外組4選手が招集できない。石垣組を継続招集が濃厚だが、新たに5人前後に返り咲きの機会が与えられることになる。「オランダ戦に出ていた選手も可能性はある」としたように、最も近い位置にいるのは、FW田中美南(21)=日テレ=、MF増矢理花(20)=INAC神戸=ら昨年11月の同遠征のメンバーだ。

 さらに指揮官は1月末から2月上旬にかけ、国内クラブの練習を視察する意向も明かした。予選までの時間を考えれば新顔の抜てきは現実的ではないが、“御前アピール”次第で昨年8月の東アジア杯に出場したMF猶本光(21)=浦和=らを再び招集する可能性もゼロではない。直前まで門戸を開き、予選に臨む20人を選び抜く。

スポーツ報知 1月26日(火)7時5分配信
http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20160125-OHT1T50205.html



▼キャンプ中の横山コメント▼
横山久美

チャンスをいただいているので、先輩たちからいろんなことを吸収したいです。練習後にビデオを見て、もう少しドリブルでしかけられると感じたので、もっと積極的に前を向いてプレーしたいと思います。自分のチームとはスタイルも違いますが、代表には何度か参加させてもらっていますし、ついていかないと生き残れません。引き出しを増やさないとここに呼んでもらっている意味はないと思っていますし、一回一回のトレーニングで自分の力を発揮できるように、一日一日を大事にしたいです。