佐賀県でおこなわれている春季キャンプの第2週目に突入したトップチームの選手たちの様子です。

(関連:夛田凌輔「 クリス改め、めっちゃサウザー(笑) 」


>>トレーニングマッチ結果
2月10日(水) 30分×3本

 vs.ロアッソ熊本

 1本目:0-1
 2本目:1-0 (得点:9塩沢)
 3本目:0-1

三浦監督は、重点に置く前線からの激しい守備について「そこからチャンスをつくれた」と指摘した。

 熊本は昨季13位で今年のニューイヤーカップは千葉や鹿島、福岡に1分け2敗。AC長野は1回目、主に昨季の主力で臨み、近藤が惜しいシュートを放ったが無得点。新戦力主体の2回目に塩沢が初ゴールを決めた。横浜Mから加入した天野は「初めてにしてはボールをつなげられた」と手応えを口にした。
 3回目は昨季も在籍した8人と新加入の3人で戦った。全29選手のうち25人が出場した。

http://www.shinmai.co.jp/soccer/2016/02/ac-22.html
信毎Web


2月11日(木) 45分×2本

 vs.ザスパクサツ群馬

 
1本目:1-0 (得点:23東)
 2本目:2-3 (得点:32近藤×2)

 群馬は昨季のJ2で18位。前半、東が先制ゴールを挙げた。左クロスを塩沢が折り返し、東が相手選手1人をかわして左足で蹴り込んだ。後半に入ると、AC長野は連続して3点を許し逆転されたものの、近藤が渡辺からのパスをボレーシュートで1点差に。近藤はPKも決めて同点に追い付いた。
 AC長野は前半は新加入選手が多く入り、後半は昨季の主力組主体で臨んだ。

http://www.shinmai.co.jp/soccer/2016/02/post-1711.html
信毎Web


>>トレーニングの様子
 























>>その他の様子























髙選手