image

NHK長野放送局『イブニング信州』内で放送されたトップチームFW塩沢選手と三浦監督のインタビューの様子です。

以下、インタビュー内容。



塩沢選手

―― 山雅から移籍してきて今の心境は?
塩沢:もうスッキリした気分です。

―― パルセイロの雰囲気は?
塩沢:和気あいあいとしてて良いんじゃないかなと。それが実戦に近づいてった時にどうなるかっていうのはまだまだ未知数だと思うんですけど。今現状ではみんながみんなを盛り上げて良い雰囲気で体を作っていけてるんじゃないかなと思ってます。

―― 今シーズンの目標は?
塩沢:去年の成績は上回らないといけないですし、南長野が満員になるようにそしてみなさんと最終的に喜びを分かち合えるように目標は一つかなと思います。

―― 新チームでの役割は?
塩沢:まあ最年長なんで、そういったところでは頼れる存在にならなきゃいけないと思いますけど、ルーキーとして良い風を吹かせられたら良いなと思います。

―― 目標は何得点?
塩沢:今までシーズンで2桁ゴールっていうところは達成してきてるんですが、シーズン中に20ゴールっていうのは決めたことが無い数字なので、去年のJ3の得点王の数字っていうのはもっともっと高い数字だと思うんですけど、先ず僕はここに目標を置いて。できれば取れるだけ取りたいし、狙うところは出場試合全部で点を取ることが最終的な目標だと思います。

―― 最後にメッセージを
塩沢:この南長野のスタジアムがオレンジ色で染まるように必死にピッチで戦いたいと思いますので、是非南長野に足を運んでください。応援よろしくお願いします。


三浦監督

―― 今季の展望
三浦監督:J3自体も色々注目され出してきてますし、レベルも上がってきてると思うんですよね。そういうところから考えるとやっぱりシーズン通して難しい試合になってくるだろうなと、難しいシーズンになるだろうなっていうのは想像してます。そんな簡単にたぶん勝ち抜けないだろうし、勝点をもしかしたら重ねることができないかもしれないけども、そういうことを重々承知しながら昇格目指して勝点を積み重ねていきたいなと思ってます。

―― FWの選手について
三浦監督:新しく入った選手の中にはフィジカルに強くて空中戦とか強い選手も入ってきてるので、バリエーションに富んでるんじゃないかと思います。

―― 三浦監督が目指すサッカーは?
三浦監督:キーワード的に挙げるとしたら『チーム一丸』『一枚岩』。それが凄いキーポイントじゃないかなと思います。攻撃するにも全員攻撃だし、守備も全員守備。それをどれだけ90分間、または30試合続けてやり通せるかがポイントじゃなかなと思います。