J3第8節
2-0
<試合終了>
得点:
62'吉井(富山)
84'進藤(富山)


富山

スタメン

GK:31永井堅梧
DF:3代健司、5平出涼
MF:2脇本晃成、4國吉貴博、7北井佑季、8窪田良、11三上陽輔
FW:9苔口卓也、15中西倫也、23萱沼優聖

控え
GK:1飯田健巳
DF:18吉井直人、29進藤誠司
MF:10衛藤裕、24西室隆規、25梅村晴貴
FW:19西川優大


長野
スタメン

GK:31三浦龍輝
DF:2松原優吉、4内野貴志、11阪田章裕、26夛田凌輔
MF:7佐藤悠希、8菅野 哲也、23東浩史、25有永一生
FW:10宇野沢祐次、32近藤祐介

控え
GK:21金永基
DF:3大島嵩弘、15西口諒
MF:6仙石廉
FW:13勝又慶典、18荒田智之、19渡辺亮太


▽見どころ

注目の隣県対決。好調同士の一戦は激闘必至

ともに好調な隣県クラブの対決だ。開幕から3勝3分と負けなしで4位の富山が、開幕戦こそ敗れたが最近6戦を4勝2分と負けなしで2位の長野をホームで迎え撃つ。アウェイサポーターも多数の来場が予想され、両クラブの意地がぶつかり合う熱戦が期待できる。

富山はアウェイで迎えた前節の大分戦で0-1の勝利を収めた。後半、アグレッシブな攻守で相手を圧倒するなどゲーム内容も上々だった。選手は自信を深めた様子で、窪田 良が「良い気持ちで次節の長野戦を迎えられる」と語る。強敵を撃破した好パフォーマンスを今度はホームで披露したい。

ボールを保持しながらアタッカー陣のスピードとパワーを生かす攻撃が形になりつつあり、最近5試合で9得点を挙げている富山。総失点がリーグ最少の2で、堅守を誇っている長野からもゴールを奪えるか。

長野は前節の鳥取戦を0-0で引き分けたため、首位から陥落した。最近3試合をすべて無失点で抑えているが、うち2試合は得点を挙げられず勝ち切れなかった。得点源はセットプレーだ。特に2012年まで富山に在籍した松原 優吉のロングスローを巡る攻防に注目したい。

http://www.jleague.jp/match/j3/2016/050816/ticket/#preview
J.LEAGUE.jp