J3第11節
0-1
<試合終了>
得点:
31' ユ インス(F東京)


長野
スタメン

GK:31三浦
DF:4内野、11阪田、28パク、26夛田
MF:25有永、23東、7佐藤、29碓井
FW:18荒田、32近藤

控え
GK:21金
DF:2松原、35天野
MF:6仙石、8菅野
FW:13勝又、9塩沢


F東京23
スタメン

GK:41波多野
DF:50駒野、26柳、40岡崎、15小山
MF:34野澤、28幸野、43鈴木、19平岡、24佐々木
FW:32ユ インス

控え
GK:46髙瀨
MF:30内田、42生地


▽見どころ

ホーム2連戦の初戦。「南長野」に歓喜を

前節はアウェイで暫定首位の秋田と対戦し、1-1のドローと食らい付いた長野。今節より、ホームの「南長野」での2連戦に挑む。

その秋田戦後、三浦 文丈監督は「秋田に勝点3を積み上げられるのが一番嫌なシチュエーションだったので、アウェイで得た大きな勝点1」と語り、好結果を強調。今季2ゴール目を挙げた佐藤 悠希は「全員がハードワークしてしっかり走っていることが、得点につながっている」と、チームのパフォーマンスを評価した。佐藤の2ゴールはいずれもアウェイで、苦しい展開の中でのゴール。昨季のチーム得点王の活躍を多くのサポーターが望んでいる。当然、本人も「南長野」での今季初得点を狙っているはずだ。

対するF東23は最下位に沈む。それでも、安間 貴義監督は「勝ち負けがどうでも良いと思ったことは一度もない。ただ、J3でプレーした選手がトップチームで活躍を見せているので、チームとしての役割は機能している」と前向き。2勝目を挙げ、良い形で5月を締めくくりたい。

F東23は最下位とはいえ、個々の能力は高く、長野にとって決して侮れない相手。首位猛追のためにも負けられない長野は、ホーム2連戦の初戦を勝利で飾れるか。

http://www.jleague.jp/match/j3/2016/052915/live/#preview
J.LEAGUE.jp