本田監督

今日は『女子サッカー界の重鎮中の重鎮』レディース本田監督の誕生日です。


本田 美登里(ほんだ みどり)
1964年11月16日、静岡県出身のサッカー元選手(DF)・指導者。
小学3年生でサッカーを始め、高校2年生のときに日本女子初の国際試合出場メンバーの一員に選出される。
大学1年生まで清水第八SCに在籍。1985年に読売サッカークラブ女子ベレーザに移籍。日本女子サッカーリーグの第1回~第4回までの間に45試合に出場し、うち第2回~4回大会でリーグ3連覇、と全日本女子サッカー選手権大会の第9回~10回の2連覇に貢献した。
1991年からベレーザ/メニーナのコーチを務めたのち、1994年に日本サッカー協会に就職し日本女子サッカーリーグ事務局委員と協会の女子委員会強化部員を兼任。
2001年から岡山湯郷Belleの監督に就任。2004年に2部優勝、1部昇格を果たす。
2005年ユニバーシアード世界大会では女子サッカー日本代表監督を務め銅メダルを獲得。
2007年には女性として初めて日本サッカー協会公認S級コーチの資格を取得。
2011年に岡山湯郷Belleの監督を退任しU-20サッカー日本女子代表コーチに就任。
2013年にAC長野パルセイロ・レディース監督に就任した。2015年に2部優勝、1部昇格を果たす。