Asano Tetsuya

毎週木曜日14:30~SBCラジオ『
らじ☆パル』で放送された浅野監督のインタビューです。



―― 割と温かい地域での指導歴が多いが、長野県に拠点を置くのは初めて?
浅野監督:勿論初めてですね。


―― 長野の気候どう感じてますか?雪の経験はありますか?
浅野監督:あまりないですね。非常に歓迎されてるようで嬉しいですけど(笑)やっぱり寒いですね。ただまあ寒いのもあんまり気にならないんで。温かいのも好きなんですけど、寒いのもそんなにこう苦ではないので。ただ雪の量にはビックリしましたけどね。


―― 長野に拠点を置く事で楽しみにしていることは?
浅野監督:いや基本的にどこのクラブに行ってもその土地々々の色んな楽しみっていうのはあると思いますし、ここ長野でしたら温泉ですとか山菜ですとか…そういった長野の代表的なところは楽しみたいなと思うんですけど、ただやっぱり基本的にサッカーのこと以外は考えないので(笑)空き時間には海外の試合を見たりですねそういったことがけっこう多いですし、あまりフリーな時間を作らない方なんですよ。だからゆっくりどっかへ行くっていうのもこれまでもあんまりなかったですし、ほんとに時間が余っている時には少しどっか行こうかなと思うんですけど、たぶん事務所と家とグラウンド…この3ヵ所がほとんどこの1年間の過ごし場所になると思います。


―― もう『長野Uスタジアム』は見た?
浅野監督:勿論トレーニングもそちらの方でしてますし昨年初めてですね対戦相手でしたけれどもこの素晴らしいスタジアムで最終戦を戦わせてもらったので、その時も凄い素晴らしいスタジアムだなっていう印象はありましたし実際に自分のチームのスタジアムとして見た時にも「これは素晴らしいな、これはやりがいがあるな」という思いはありましたね。


―― サポーターが駆けつけオレンジ色に染まるそのスタジアムで指揮する思いは?
浅野監督:やっぱり嬉しいですね。ですからその昨シーズンの最終戦で敵の監督として見た時にあのオレンジのサポーターの方々の圧力っていうのは凄かったですから、そのサポーターの方々を今度は背中に感じれるんで凄く勇気をもらえますね。