dobashi

1月末で契約満了が発表されたAC長野パルセイロの土橋宏由樹元アンバサダーが、北信越フットサルリーグ1部・ボアルース長野のGMに就任することが分かりました。

ボアルース長野と言えば
野澤健一さんや藤森哲也さんなどパルセイロに縁のある選手も所属していますが、先日Fリーグ準会員加盟が承認され来季からはFチャレンジリーグ(2部相当)で戦い将来的にはFリーグ(1部)を目指すことになります。

そんなタイミングで選手時代には松本山雅FCとパルセイロで主将を務め、引退後もパルセイロのアンバサダーとして長野県サッカーに携わってきた土橋さんのGM就任は、クラブ拡大とフットサル普及のために適任といえるかもしれません。

この就任については本日、長野県庁で記者会見がおこなわれるとの事です。