yokoyama

毎週金曜日14:30~SBCラジオ『らじ☆パル』で放送された、7月よりドイツで戦うレディースFW10横山選手のインタビューです。



―― いよいよ7月からドイツだが今忙しい?
横 山:そうですね代表合宿もあったんでけっこうバタバタしてますけど、ほんとにあっと言う間に6月24日が来てしまうなというのは感じてます。


―― 海外移籍を決めた理由・きっかけは?
横 山:まあ元々監督がここ(長野)に来る時から「海外に挑戦しろ!」って言われていたんで、今回声をかけて頂いてそれで行く事に決めました。


―― ドイツへ行く事の意識は何かあった?
横 山:いやなかったですけど何個かオファーをかけて頂いたんで練習見学も行かせて頂いて、一番アプローチをかけて頂いてたのがフランクフルトだったのでフランクフルトに決めました。


―― 自身の中では海外に挑戦したい気持ちはあった?
横 山:特になかったですね。


―― それは日本の長野での日々が充実してたから?
横 山:もちろん充実はしていますけどそこまで自分がこう道が開けるっていうのも思っていなかったですし、ここまでサッカーやってるとも思ってなかったんで。


―― 代表にまでなったのにちょっと意外です?
横 山:後先特に考えてないタイプなんで。そういうのほんと気にしてないです。


―― 大柄な海外の選手とプレーするのは自信 or 不安?
横 山:そうですねまだ合流もしてないですし自信というものは日々の練習で付くと思っているので、これから自信は向こうに行って練習を積み重ねて結果を出すしかないなと思ってます。


―― 向こうでの生活に不安とかない?
横 山:言語っていう部分では一番はコミュニケーションが取れないと味方にも信用されないと思ってるんでそこが一番不安ですね。


―― ドイツ語の勉強は?
横 山:全く…って感じです(笑)


―― 行けば何とかなる?
横 山:追い込まれた状況で自分どれだけできるかっていうのは思ってます。


―― 湯郷ベルから長野へカテゴリーを落として移籍してきた時の心境は?
横 山:最初は凄く抵抗があったんですけど、まあでもこんなにサッカーを真剣にやると思ってなかったんで…遊び程度ってわけではないですけど上に行けるとは思ってなかったんでそういう部分では今の気持ちをまた思い出させてくれたのも監督ですし、ほんと監督には感謝しかないですね。


―― 本田監督との3年半はどうだった?
横 山:そうですね今思えばほんとに色んなことがあって…こんなガキ大将をよく上手く操ってたなってのは思ってます。


―― 本田監督は「こんなに気さくに話しかけてくる選手はいない」と言ってたが?
横 山:監督にけっこうグイグイ行けるのは自分だけかなってのは思います(笑)


―― 本田監督はどんな方ですか?
横 山:監督としても凄い人ですし付いて行きたいなって思う人ですし、人としても尊敬できる人ですし、あとはほんとに親心のあるっていうか親みたいな存在な部分の時もありますね。


―― シーズン途中でチームを離れるが皆に残したい・託したいものは?
横 山:いやそれはその時の一瞬じゃできないですし、この3年半で色んな仲間とやってきて少なからず短い人でも半年は一緒にやってると思うので、その半年の中でも自分の姿が見せれてたら味方に感じてもらってるんじゃないかと思ってます。


―― 横山選手にとってパルセイロ・Lはどんなチーム?
横 山:ほんと個性豊かですし、自分も含めてアンダー世代ではけっこう代表とか高校生の時とかも注目されてた選手も多かったんですけど…一度試合に出れない経験を味わっている選手が多いっていうのもありますし、そういう人たちが這い上がってまたチームを作り直した…って言ったらおかしいですけど、監督にもまれたり色々なことを教わってまた一回り皆が成長してるなっていうのは凄く感じてます。


―― ストイックなイメージあるがオフはなにしてる?
横 山:このチームはあまりオフが無いんですけど(笑)映画に行ったりとかチームメイトとご飯に行ったりとかっていうのはしてますね。


―― 食事は気を遣う?自炊はする?甘いものは食べる?
横 山:自分はけっこう食事に関しては体重をコントロールするのが難しいタイプなので、曜日で食事のコントロールはしてます。自炊はそこまでできないんですけど、チームメイトとご飯とかもやったりするんでその人に任せて。甘いものは試合の終わった後とかご褒美的な感じで日にちを決めて食べますね。アイスとかも食べますし。また普通にその時食べたいなってのはけっこう何でも食べますね。


―― いつも髪型がお洒落だがこだわりある?
横 山:そうですね髪はけっこうこだわっていてホームの試合の前の日には必ず美容院に行くようにはしてます。髪をセットしない時っていうのはオフで家にいる時だけなので、外に出る時には常に必ず髪はセットするようにはしています。直ぐ伸びちゃうんで髪型いじるのは趣味かもしれないですね。


―― 長野で好きな場所・思い出の場所は?
横 山:湯田中の温泉は凄く良かったなっていうのは感じてます。温泉は好きです。やっぱり疲れを取るのは温泉だなっていうのは感じてるんで。


―― 長野にサッカーが根付いてきてるのは感じる?
横 山:あまりまだまだ足りないなっていう気持ちもありますし、当初に比べたら色んな方々に応援されているんだなっていう気持ちもあるんでその気持ちを忘れず、まだまだ長野県の女子サッカーを盛り上げていきたいなとは思ってます。


―― ドイツから帰ってきたらまた長野に戻ってくる?
横 山:色んな方がドイツ行く事を祝福してくれますし、帰ってきたら絶対パルセイロに!って言ってくれる方が多いですし…ほんとにそれは自分にとって嬉しい事ですし一回り二回り大きく成長して帰って来れたら良いなと思ってます。先ずは10月22日になでしこジャパンとして長野に帰って来れれば一番良いかなとは思ってます。