asano

毎週金曜日14:30~SBCラジオ『らじ☆パル』で放送された、トップチーム浅野監督のインタビューです(一部抜粋)



―― 天皇杯でJ2岡山を破った感想は?
浅 野:もちろん結果にも満足してます。ただ内容がですねあの日にピッチに立った選手たちがほんとによく戦ってくれて、凄くスタジアムと一体になって相手を飲み込んでいったという本来の我々の強い戦いができたという事に満足してます。


―― 身震いするような試合だった?
浅 野:リーグ戦の方でなかなか思うように試合運びができない中で、あの日はリーグ戦でなかなか出場機会のない選手を中心に戦ったわけですけれども、そういう選手たちがほんとに良い姿勢で試合に入ってくれて90分間しっかり戦ってくれたというところでは指揮を執っていて嬉しかったですね。


―― この試合で「勝てる」と確信を持った瞬間は?
浅 野:いや立ち上がりからけっこう圧倒してたので、あとは点が入るだけだったもんですから「絶対これは負ける訳がない」という自信はですね時間が経つにつれて生まれてきましたね。


―― リーグ後半戦に向けても良い流れになったのでは?
浅 野:間違いないと思います。タイトなスケジュールの中でリーグ戦は夏も有りますけど、ああいった戦いをしっかりできるというのは証明できましたので、誰がピッチに立ってもああいうゲームができるという風に選手たちが感じてもらえるというのが一番大事だと思ってますので、もちろん結果も大事ですけどもああいう姿勢でまた明日戦えるという自信は選手たちが持ってくれたと思います。