BANDAI

毎週金曜日14:30~SBCラジオ『らじ☆パル』で放送された、移籍加入後即アシストを決めたFW30萬代選手のインタビューです。



―― 加入後の初試合でアシストしたが振り返って?
萬 代:相手のサイドの裏がけっこう空いてたのでアマ(天野選手)から良いボール来たし、最初中見た時にアズ(東選手)が2人位ディフェンスを引き連れてくれてて、で最後アリ(有永選手)がいたんでそこであまり良いボールではなかったかもしれないんですけど上手く決めてくれて良かったです。
ほんとは自分でシュートしたかったですけど(笑)まあでも割とあの時は相手も来てなかったしだいぶ顔上げて周りを見る余裕があったので、中でアクション起こしてくれた2人も凄い良かったしチームとして上手いこと点が取れたなって感じではあると思います。


―― キャリア初の途中加入で上手くチームに溶け込めた要因は?
萬 代:うーん…まあでも準備期間は短かったので前の週の松本山雅との練習試合には出ましたけどなかなか選手の特徴とかは掴めずにはいたんですけど、練習の中で先ずは自分の特徴とか自分のやりたい事を周りの選手に伝えることが一番大事な事だと思ってたんで、なるべく自分を知ってもらう事から先ず始めてっていう感じではありました練習中は。あとは年下の選手が多いんで「遠慮せずやり辛かったら言って欲しい」って事は伝えたんで、それを全部言ってくれてるかは分かんないですけど先ずこの琉球戦に向けてはそうやっていくしかなかったんで。


―― ホームのスタジアムとサポーターの印象は?
萬 代:久しぶりに試合というか公式戦のピッチに立ってあの声援を受けられるっていう鳥肌が立つような感覚は相当久しぶりだったので、スタジアムの雰囲気も凄い良いですしその中で声を出し続けて一緒に戦ってくれてるようなサポーターの声援はやっぱプロサッカー選手として凄い幸せでこれが自分の求めていたものというか。いくら練習を頑張ってもああいう雰囲気を味わえないとやっぱり辛いんで。長野のスタジアムとかサポーターの雰囲気の良さっていうのはJ2に居た時から知ってはいたんで、早くやりたいっていう気持ちと実際に感じた喜びっていうのは凄い大きかったです。


―― 鹿児島戦に向けてひとこと
萬 代:パルセイロが目指さないといけないところは優勝だと思うし勿論昇格だと思うんで、優勝を目指す為にはほんと1試合も負けられないですし琉球戦も内容的には厳しかったですけどあの位しぶとく戦って1-0で勝てるチームだと思うんで。だからそういうとこでしっかりゴール入んないとまた引分けが多くなってしまうんで、鹿児島も手ごわい相手ですけどそういう所から1点でも2点でも多く点を取っていかないとチームとしても自分としても評価されないと思うんで、ほんとに勝つことだけ考えてやりたいと思います。


―― 最後にサポーターへ向けてメッセージを
萬 代:琉球戦ではとても良い雰囲気でやらせてもらって凄い幸せでした。ホームではもちろん毎回あれ位の応援して頂ければ選手としてもとても嬉しいですし、これからアウェイも多く続いていくと思うんでアウェイでも是非声援をしてくれたら嬉しいですし、その声援を力に変えてサポーターの皆さんとたくさん喜び合えるように先ずは勝つことですけど自分もたくさんゴールをとってスタジアムがもっともっと盛りあがるように頑張るのでもっともっと皆さん足を運んで頂ければと思います。